• HOME
  • 今日動いた株

今日動いた株

2014/4/16(水)



 HIOKI(6866)が大幅続伸
円(円高、高値円)

14年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が前年同期比3.0倍の5.2億円に急拡大して着地したことが買い材料。 国内、米州を中心に電子測定器や現場測定器の販売が伸び、16.3%の大幅増収を達成した。
対上期計画(7億円)で進捗率が74.3%に達しているうえ、1-3月期の受注がアジア・米州で伸び22.1%増と好調なだけに、上期上振れを期待する買いが向かった。

 ファンコミ(2461)が大幅反発
円(円高、高値円)

15日、ファンコミが月次業績速報を発表。3月の連結売上高が前年同月比63.6%増の27.1億円に拡大したことが買い材料。 モバイル向けアフィリエイト広告が2.1倍と急拡大したほか、パソコン向けも29.7%増と堅調だったことが寄与した。

 DeNA(2432)が急伸
円(円高、高値円)

SMBC日興証券、クレディ・スイス(CS)がともに投資判断を買い推奨にまで格上げしている。目標株価はともに2300円としているようだ。SMBC日興では、新規タイトルでのマネタイズ本格化による業績底打ちのタイミングが近いと予想へ。CSでは、モバイルゲームは市場に飽和感があって投資スタンスは逆張りに妙味と指摘しているようだ

 カカクコム(2371)が反発
円(円高、高値円)
マッコーリーでは投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も1800円から1840円に引き上げている。足元はネット関連株下落の流れに押されて調整色を強めていたが、見直しのきっかけ材料につながる格好へ。マッコーリーでは、今期の営業利益は市場コンセンサス195億円レベルを上回り202億円を予想している

 KLab(3656)がS高
円(円高、高値円)

iPadのトップセールスアプリランキングにおいて、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」がガンホーの「パズル&ドラゴンズ」を抜いてトップになっており、買い手がかり材料視されているもようだ。収益寄与に対する期待値の向上につながっていくとの見方に。

 旭ダイヤ(6140)が急伸
円(円高、高値円)

東海東京が投資判断を「3」から「2」に格上げしており、買い材料になっているようだ。東海東京では、今期も電着ダイヤモンドワイヤの需要増加が見込まれること、道路工事用のダイヤモンド工具の需要増が期待されること、PER水準に割安感があることなどを評価している。今期営業利益は25%の営業増益を予想している。

 ジェイコム(2462)が大幅反落
円(円安、安値円)
15日、ジェイコムが14年5月期の連結経常利益を従来予想の9億2000万円→3億1400万円(前期は9億0600万円)に65.9%下方修正し、一転して65.3%減益見通しとなったことが売り材料。 飲食業界など他業種の時給が上昇したことで、携帯電話の販売職を希望する求職者が減り、売上高が減少したほか、保育・介護業界向けサービスの事業拡大に注力し、将来の成長を見据えた人員体制の強化などの先行投資により販売管理費率が上昇したことが響く。


↑トップに戻る